スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロストラム①

自己採集品(これは5月のミネラルショー買ったノジュールからですが)は実に2ヶ月ぶりですな♪

IMG_3148_convert_20100202212635.jpg
見ての通りロストラムなんですが、アンモナイトが小さいので短いですね。
でもロストラムがついたアンモは初めてなんで貴重品です!

ただ一つだけ残念なことが・・・
IMG_3149_convert_20100202212750.jpg
北海道中川町産
普通このサイズなら大半の場合はしっかり形を保ってるのにコレは住房部がつぶれてます。
写真では大した事ないですが結構陥没気味なんですよね・・・
まぁ贅沢言っちゃあダメですよね!

ロストラムの周辺をもう少し削る必要がありますね。

北海道のアンモ⑤

IMG_3053_convert_20091113203325.jpg
<テトラゴニテス.sp>
産地: 北海道穂別郡
地質年代:中生代白亜紀
大きさ:6cm
以前更新したアナゴードリセラス ホワルチとこの標本が初めて手にした北のアンモでした!
あぁでも伊豆アンモナイト博物館でそれよりも前に1cm位のアンモ
を入手してたかも。


↓をクリックするとホームページに行けます♪
伊豆アンモナイト博物館
営業時間 10:00~17:00
定休日 水曜日、及び第2・4火曜日
(祝・祭日、シ-ズン中除く)
入館料 大人600円・子ども(小・中学生)400円




不完全な巨大アンモ!

IMG_3052_convert_20091103005659.jpg
画像を見ての通り巨大なアンモナイトの一部分です。
北海道では結構こういう大きなアンモナイトの一部分が見られました。
本来ならば重たいので持ち帰らないのですが、これは縫合線が素晴らしかったのでもちかえりました!
完全体なら4、50cmはあったと思います。

つぎ行った時は巨大なアンモの完全体を採るぞ!
次にいつ行けるかわからないのに言ってみました・・・だけど夢は大きく持つものですよね♪



北のノジュール


IMG_3050_convert_20091102223920.jpg
北海道のノジュールです。
ノジュールは化石や小石を核として、岩石中の珪酸や炭酸塩などが濃集しながら固まってできたもので北海道では主にこれを探してアンモナイト等の化石を採集します。

ちなみにこれは全部2006年5月に採集したものです。
採集中に雨が降ってきてたいへん寒かったのを覚えています。
総重量は100㌔越えにもなり送料は10000円以上でした・・・
と言ってもすべての石にアンモナイトが入っているわけでは無くイノセラノジュールも沢山あります。
とにかくこれはいいと思ったノジュールをどんどんバックにいれてましたからね♪

今までに50キロほど割ってクリーニングしましたが、
運が良かったのか不完全ながらも今まで持ってなかった異常巻の二ッポテス、ムラモトセラス、スキポノセラス等をゲットできました!

また北海道に行きたいなぁ♪

北海道のアンモ④


三日連続で、北海道のアンモナイトを更新します。
今回のは今までのよりは少し分離が悪いものです。
IMG_3054_convert_20091027235000.jpg
<ダメシテス・ダメシ>
産地:北海道羽幌町産
地質年代:?
大きさ:5cm
アンモナイトにまだ砂岩っぽいのがこびりついています・・・
取る方法を知ってる方がいたら教えてください!

恥ずかしい事にアンモナイトの種類がわかっても地質年代がわからない・・
まだまだ知識不足ですね。

次回は海外のアンモナイトを更新しますかな。


プロフィール

チャパ

Author:チャパ
趣味:化石・鉱物採集
更新ペースが安定しなかったりすると思いますがたまにきてくださると嬉しいです。
気軽にコメントしてくれると喜びます♪

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
FC2カウンター
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。