スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

市原市瀬又の化石①

今回は市原市瀬又(藪層)の化石の一部をアップしたいと思います!
瀬又は、通称「瀬又の堰」と言われていて新生代第四紀更新世(約30万年前)の化石が多産します。
事実かは定かではありませんが、現在は採集不可能?みたいです。


トウキョウホタテ
 <トウキョウホタテ>絶滅種
この化石は、瀬又では有名な貝化石です。
本標本は14cmオーバーの大き目の標本です。
ちなみに貝柱の痕があったので測ってみたところ約4センチありました!
大きいですねぇ~♪
トウキョウホタテの貝柱・・・食べてみたいです(笑)


エゾタマキガイ
 <エゾタマキガイ>
この化石は、瀬又で最も多産する化石の一つで、採集出来ないということはまずありえないです。
とにかく沢山あったのでフルイを使って採集していると大量に集まりました!
厚みがあるから化石として残りやすいのかなぁ

この貝は、現生種で現在も生息しています。
食用にはあまり向かない様子です!



今日はここまでかなぁ♪
まだまだパソコンの使い方に慣れていませんがぼちぼち更新していきます。

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

チャパ

Author:チャパ
趣味:化石・鉱物採集
更新ペースが安定しなかったりすると思いますがたまにきてくださると嬉しいです。
気軽にコメントしてくれると喜びます♪

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
FC2カウンター
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。